--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/04.Mon

水に関する「ぶ」について

先週、朝日新聞におもしろい記事が載っていました。

漫画の擬音語・擬態語を翻訳する際の苦労や

言語の違いについて記事でした。

その中で山口仲美先生の

水に関する擬音語の話が載っていました。

じゃぶじゃぶ、ざぶざぶ、だぶだぶ、ちゃぶちゃぶ

どぶどぶ、どれも二音節が「ぶ」となっている。

と、ありました。

おもしろいですね。

古典医学書の中にも似たような感じの記述があります。

各言語には翻訳しにくい表現語がありますね。


http://www.mizu.gr.jp/fudoki/people/014_yamaguchi.html

「ぶ」のURLです。
スポンサーサイト
雑感 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ほくろ | ホーム | 豚と猪 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。