--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/23.Wed

子宮内膜症

子宮内膜症で苦しんでいる人が多くなりました。

晩婚、少子化は女性の身体にいろいろな影響を

与えています。

産婦人科の医師が子宮内膜症治療のために

ピルの普及をはかっています。

簡単に言うと、ピルを使い月経の回数を減らして

月経時にお腹の中で子宮内膜の飛散を減らす

ことです。

生理痛や下腹部の冷えを東洋医学では瘀血症と

いいます。瘀血の多くは子宮内膜症でお腹にできる

血のかたまりのことです。

漢方薬や鍼灸治療はピルのない時代から女性を

守ってきました。下腹の冷えを感じたら瘀血があると

思ってください。早めに鍼灸治療を受けましょう。


スポンサーサイト
鍼灸治療 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 入れ墨 | ホーム | 肉芽 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。