--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/31.Sat

さくら考

くら」について

日本人のくらに対する想いは特別なものがあります。

民俗学の折口信夫は「くら」について、

農業(稲作)の神様「の神」の宿る木で

特別な意味づけをしています。

くらが咲いて花見で宴をして、その後に

苗を植えて、

月に乙女が田植えをするのです。

ロマンがありますね。
スポンサーサイト
雑感 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。