--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/28.Tue

寒い季節のおでん

寒い時期のおでんは最高です。

おでんは地域によってなかの具材に違いがあります。

東京ではおでんといいますが、関西では関東煮または

関東炊きと呼ばれます。東京では野田の醤油で煮込む

ので色が醤油色の濃いいものが普通です。

銀座の「お多幸」が有名です。関西では薄口醤油を

使うので関東風とは色味が違います。

京都の「蛸長」が有名です。

むかし、真夏に蛸長で大根を注文したところ、

夏はカブラだと言われたことがあります。

その他、東京は「ちくわぶ」という練り物がありますが、

関西にはありません。

関西では「牛スジ」がありますが、東京にはありません。

また、静岡では「黒はんぺん」が出たりします。

いずれにせよ、冬の寒い時期にはおでんで一杯。

最高、最高、最高。これぞ日本食文化です。



おでん2

おでん3

おでん1
スポンサーサイト
医食同源 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。